国際宇宙ステーションで細菌が発見された

複数の国が協力して運用している国際宇宙ステーションで細菌が発見されたのだそうで、NASAが学会誌へ発表していました。

国際宇宙ステーションの埃の中から見つかった細菌は、地球上ではほぼ無害なのだそうですが、宇宙では病原性を発揮する可能性もあるのだそうです。

今回発見された最近は呼吸器感染を引き起こすコリネバクテリウムとニキビの原因となるプロピオン酸菌属の細菌なのだそうで、宇宙環境では健康被害を引き起こす変化につながる可能性があるそうです。

どのようにして宇宙ステーションへ入り込んだのか、宇宙飛行士を介しての可能性もあるようですが、想定以上に最近の数が多かったそうです。

地球上と違って宇宙の過酷な環境に置かれた細菌が、突然変異を起こして性質が変化するということも起こるかもしれませんし、今後新しい発見があるかもしれません。